血圧を上げてしまうタブーな行動

血圧を上げる危険因子とカリウム摂取について

血圧を上げる危険因子として代表的なものは、塩分の摂りすぎです。いわゆるナトリウム分摂りすぎが原因です。過剰なナトリウム摂取は、血液中の水分を薄めようとす働きがあり、水分が血液中に吸収しやすくなります。すると血流が上りますので、血管壁に圧力がかかるのです。これがいわゆる血圧が上ることです。このようにナトリウム分は上げる危険因子ですので、1日の摂取量をしっかり守りましょう。正常値に保つには、運動や食事療法に努めてください。運動はウオーキングなどの適度な運動がいいです。食事療法に関しては、ナトリウム分の過剰摂取を抑えながら、カリウム摂取をこころがけましょう。カリウム摂取を行うと、過剰なナトリウム分を排出してくれますので、カリウム分を多く含んだ食事を心がけることが大切です。カリウム分を多く含むものに、果物や野菜などがあります。蕎麦もいいです。蕎麦汁を毎日のように飲んでいる人で血圧の高い人がいないという理由がここにあります。とにかくカリウム摂取をよくおこないましょう。
日本人は塩分の摂りすぎが目立つため(特に北日本)、高血圧症の方が多いです。ですからナトリウムが危険因子でもあるのです。つけものや味噌汁など塩分を多く使っていることもありますが、島国であるのも1つの理由です。血圧は年とともに少しずつ上っていきます。もし自分が高めだと思えば、先ほど言ったように運動と食事を今から実践することです。実践すると驚くように効果があります。また自分の血圧を知っているために測定計を購入して、毎日決まった時間に1日2回測定してみてください。自分の毎日の血圧を把握しておくことは健康管理にもつながります。毎日が健康であると、人生が楽しいです。血圧に留意しながら健康を常に意識してください。