血圧を上げてしまうタブーな行動

腎臓機能と血圧の関係

腎臓は、体内の中でも余分な水分、老廃物を排出すると言う役割を担っています。普段、何げなく排尿することができているのも、この腎臓が正しく機能を果たしているためです。また体内の塩分と水分の濃度、量のバランスを保っているのも、腎臓の役割です。そのため、塩分の過剰摂取によって体内の塩分濃度が濃くなると、腎臓はそれを薄めるために水を体内に蓄えようと作用します。すると血管内の血液の量は、増加します。血液の量が増えると血管には負担がかり、これが高血圧と呼ばれる状態です。高血圧の要因として塩分の過剰摂取が挙げられているのは、こうしたメカニズムが発生するためです。これが一過性のものであればそれほど問題はありません。腎臓の働きにより再び、塩分と水分のバランスが整えられ、また余分な塩分、水分は汗や尿となって排出されるためです。しかしこうした状態が長く続くと、当然、血管にも腎臓にも負担がかかったままと言うことになります。そうなると、血圧は下がらない、けれど余分な塩分も水分も排出されない、だから血管には高い負担がかかったままと言う悪循環が発生してしまいます。また腎臓は、レニンと言うホルモンを分泌しています。レニンには、血圧を上昇させる作用があります。これによって、血圧は一定に保たれているのです。ところが腎機能が低下すると、このレニンの分泌に関する機能も低下してしまいます。するとこの分泌量が増してしまうため、ますます血圧が上昇しやすくなると言う事態が発生しやすくなってしまいます。このように腎臓と血圧は、切っても切り離すことができない関係で結ばれているのです。こうした関係から、高血圧は腎症の発症リスクを高める要因として認定されていますし、糖尿病になった場合にも、やはり腎機能障害を引き起こしやすいことも明らかになっています。