• 若い人に増加、高血圧治療薬「カルシウム拮抗剤」とは

    2015年12月23日

    高血圧は年齢を重ねた、中高年以降に発症するというイメージが強い病気です。 しかし、最近は若い世代にも増加していると言われています。 血圧が高い状態が続くと、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中や腎臓病といった、様々な病気を発症する引き金となります。 これらの病気は発症すると今まで通りの生活が送れなく...

    記事の続きを読む